子育て世帯が「iDeCo」に加入することで所得控除できるメリット(児童手当の場合)

 

6月は児童手当の現況届の提出になっておりました。

無事届けは終わったものの、「来年所得制限にひっかかるかも?」と心配な方に、ぜひ加入していただきたいのが、iDeCo(個人型確定拠出年金)です。

昇給したのは良かったが、制限を越えてしまって児童手当が1万円・1万5千円から5千円になると、お子さんが2人・3人いらっしゃるご家庭では、大きい差ですね。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、所得税や住民税で掛け金を全額所得控除できる、老後資金の準備方法としてとてもよい制度です。

かつ、子育て世帯にとっては税金以外にいくつかのメリットがあることを、ご存知でしたか?

今回は、児童手当についてご紹介します。