フリーターでもクレジットカードのキャッシングは利用できるのか?増額審査に通るコツもご紹介

マイナポイントをはじめ新型コロナ以降、キャッシュレス化が進んでいます。

ともするとあれ?現金がないということも考えられますよね。そんな時キャッシングできればほんとに助かります。

でも、これが習慣化してしまうと、枠も信用が付くので大きくなり、結果として借入額が大きくなり、利息の負担が重くのしかかるということになりません。くれぐれもご注意を。

↑クリックすると別窓で開きます。

マネ会クレジットカードTOP:https://hikakujoho.com/creditcard/

「貸金業法」は、消費者金融などの貸金業者や、「貸金業者」からの借入れについて定めている法律です。

「貸金業者」とはお金を貸す業務を行っており、財務局又は都道府県に登録をしている業者のことをいいます。具体的には、消費者金融、クレジットカード会社などが貸金業者です(※)。銀行や、信用金庫、信用組合、労働金庫なども、様々な融資を行っていますが、これらは「貸金業者」ではありません。

※ より正確には、次のとおり、場合に分けて考える必要があります。

(1) クレジットカードで現金を借りる場合(キャッシング)

クレジットカード会社は、「貸金業者」として「貸金業法」に基づき、金銭の貸付けを行います。

したがって、キャッシング取引には、「貸金業法」が適用されます。

(2) クレジットカードで商品やサービスを購入する場合(ショッピング)
ショッピング取引については、「貸金業法」は適用されません(リボ払い、分割払い、ボーナス払いには、別途「割賦販売法」が適用されます。)。

金融庁「貸金業法のキホン」より引用