ライフプラン相談1,200件の実績
「夢がかなった!」お客様の笑顔が宝物です

京極 佐和野

Sawano Kyougoku

”未来の安心”と”今を楽しみたい”あなたに

日本は、いまだかつてない勢いで高齢化が進んでいます。かつての経験は、参考にすらできません。だからこそ、自分流の生き方を実現するには、ライフプランを描き、社会保障やお金の知識を追い風にしていくことが大切です。成り行き任せでは、「未知との遭遇」は楽しめません。
私どもでは、家庭や職場・社会での責任も相応に果たされ、生き方へのこだわりも個々にお持ちの子育て卒業世代・50代以上の方を、「大人」世代と称号しました。そして、本当は必要なことだけど・・・と二の足を踏む課題(老後・介護・相続)に向き合い、”未来の安心”と”今を楽しむ”ために何を残し、何を捨てるか、そして何に新たなチャレンジをするかを考えるセカンドライフプランを『大人のライフプランニング』とネーミングしました。FPミラボは、ライフキャリアデザインを主軸にした働き方や資金計画の見直しを総合的にサポートします。

人生の転機や節目には、振り返り前を向く

そして「チャンス」になる!

50代からのセカンドライフ

50代は、仕事・健康・老後資金など「なるようにはならない問題」を真剣に考える時期です。働き方や生きがい、お金や健康など「人生後半戦の戦略」を考え準備しましょう。

ターニングポイント

就職・結婚・離婚・死別・転職・退職など人生のターニングポイントで、過去を振り返り将来の計画を立てることで、ピンチはチャンスに、チャンスは大きなチャンスへと変わります。

シングル(父母を含む)

身近に「お金のこと」や「仕事のこと」相談できる人がいれば心強く安心ですね。ひとりで抱え込まないで、まずは「今するべきこと」「これからするべきこと」を一緒に考えましょう。

大人のライフプランニング

ライププランとマネープランそしてキャリアデザインをアウトプットし、人生設計をつくります。何から順番に準備をしていけばいいのかわからない方に適した総合プランニングです。

よくある質問

Q&A

初回ご相談では、どのようなことまで対応していただけますか?

はい、私どもでは、できるだけ初回ご相談を価値あるものにするために、ご予約の日程を決める際に、いくつかの項目をヒアリングさせていただきます。ご相談内容にもよりますが、①ご相談内容の問題点を明らかにすること②問題解決に必要なレクチャーや一般的な資料などを提示することとなります。初回で、ご満足される方も、たくさんいらっしゃいます。ご注意いただきたいこととして、過去にお話を聞くだけで60分が終わったという方もおられましたので、ご相談内容の要点を絞るためにも、事前ヒアリングを行うようにしております。よろしくご理解ください。

ご相談は、夫婦でないといけませんか?

はい、初回ご相談では、ご夫婦でいらしゃる場合、時間が足りないくなり、追加料金を頂くようになった場合も過去にありましたので、その辺をご了承いただければ、お一人でも、ご夫婦でも大丈夫です。2回目以降は、問題点がはっきりしておりますので、むしろご夫婦でのご相談をおすすめします。お金に関する考え方やニュアンスのちがいなど、ご夫婦で確認しあうチャンスととらえていただくほうが、今後、持続しやすいプランニングができると思います。

ファイナンシャルプランナーというかたに無料でご相談できるところもあるのに、なぜ、ご相談料を払わないといけないのでしょうか?

はい、ファイナンシャルプランナーにも、金融・証券・住宅・保険など企業に所属されている人(企業系)と企業に属さない人(独立系)の二つの属性の方がおられます。企業に属されている方は、企業商品を販売するために、ファイナンシャルプランニングをし、企業から収入を得ます。独立系の方は、従うべき企業はありませんので、まずお客様本位のファイナンシャルプランニングをして、お客様からご相談料を頂くということで、収益を得ます。ここが大きく違うところです。FPオフィス・ミラボは、後者になりますのでご相談料を頂くようにしております。

保険料削減のご相談したいと思っておりますが、会社の共済や、COOP・県民共済なども、選択種としていれて保険料削減のサポートしていただけるのでしょうか?

はい、もちろんです。中立な立場でのアドバイスが、ファイナンシャルプランナーの基本スタンスです。最近は保険業法が改正になり、消費者が比較検討しやすくなるよう改正されております。これは、どの分野でも当たり前のことでしたが、保険分野でも法律化されました。共済は、保険金額などは少額で、年齢も現役世代までとかぎられた保証期間になっておりますので、保険料も安くなっております。現役世代の補足分としては、申し分のない保険と私は感じております。相談の際には、遠慮なく、ご希望をおしゃってください。私どもは、お客様のご要望に則した選択ができるよう、サポート助言をしてまいります。

資産運用というと投資信託など投資そのものをイメージして、ちょっと心配です。でも、金利が低いのでどうしたらいいのか、夫婦で悩んでいます。

はい、資産運用にも、外貨預金や保険や不動産を利用した運用も考えられます。また、資産運用の見直し、ライフプランニング、セカンドプランニングをご相談の方には、投資についてのレクチャーも内容に含まれておりますので、ご安心ください。

FP選びの基準が、よくわからなくて困っています。

はい、FPといっても、5種類(CFP・AFP・1級FP技能士・2級FP技能士・3級FP技能士)の資格ランクがあります。また、お医者さんをイメージしていただければわかりますが、いろんな得意分野の専門知識に特化したFPがいます。
例えば、お医者さんは、内科・外科・高齢者専門などがありますね。FPは、ライフプラン・資産運用・子育て世代専門というような形になります。私どもは、セカンドライフを専門にしております。
まず、最初は、1.知識、2. 経験、3.効用 4. 料金 この4点にポイントをおいて、ホームページやセミナーなどに参加されたりして印象をお確かめください。その後、初回ご相談をご利用されて、FPの考え方や雰囲気などで、合う合わないをご判断ください。

会員サービスを利用すると、何回でもご相談できるって本当ですか?

はい、疑問に思ったこと、聞きたいことがあればご連絡ください。すぐに電話に出れない時やメールでご返事できない時もありますが、基本1週間以内には、ご回答いたします。ただし、おおむねのFP業務時間を想定しておりますので、追加料金が発生する場合は、事前にご連絡いたします。(今までには、これに該当する方はおりませんでしたので、ご安心ください。)

モチベーションアップ!
中高年からの働き方や生き方をアクティブに考えるキャリア研修

3/5のZOOM講師初登壇を終了。参加者にも恵まれ、ゴールまで皆さんを導くことができたと自負しております。主催者様、ご参加いただいた皆様、裏で支えていただいた方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

QRコードでLINEの友だちを追加

LINEでの、お問合せを受け付けております。