児童扶養手当が年3回から2か月ごとの年6回の支給に変わります。

今月は、現況届の月なので届を出された方は、ご存知かと思いますが・・・。

ひとり親家庭の児童手当・児童扶養手当の支給スケジュール

 

具体的には、11月から(11月のみ8月・9月・10月の3か月分)奇数月に前々月分と前月分が支払われるようになります。
児童手当が、年3回の2月・6月・10月の支給ですので、手当の空白月が、年6か月ありましたが、年3回に減ることになります。
空白月は、4・8・12月とほぼ一般企業の賞与月と合致してくることから、家計のやりくりがしやすくなることが期待できますね。

家族のライフプランをつくろう!

やりくりで俄然やる気が増す方法を簡単にお伝えします。

それは、ご家族の10年後20年後のライフプランをつくることです。難しいことはありません。家族全員のイベントを書き出し、そこに予算をつけていくだけです。
さらに余裕があれば、キャッシュフロー表などを利用してみるともっと具体的に貯蓄や自己投資、教育資金などの目標を立てやすくなります。

家計簿は簡単に!

働き子育て家事をひとりで担うご家庭にとって、毎日があっという間にすぎると思います。家計簿は、細かく記入するというより簡単に記録できる方法が良いですよ。
まず、家賃や授業料、保険料など毎月決まって支出するものは、通帳口座で管理するようにしましょう。また、食費や日用品は、毎日使う金額を決めて週単位で管理すると、結構無駄遣いが減りますよ。ついつい必要のないものまで買ってしまう、たとえば「お買い得」「割引」シールがあると、ついつい買ってしまう方には、効果絶大です。(私も実践中です)

ローンは慎重に!

そして、安易にはクレジットやローンを組まないことです。
仕事が安定しているなら、それも可能ですが、クレジットやローンは借金なので慎重にする方がよいでしょう。

余裕のある時がチャンス!

8月の児童扶養手当は4か月分支給され、3か月後の11月には3か月分が支給されます。さらにその2か月後に2か月分と、8月と11月の支給額には、過去の分が支給されるとはいえ、少し多くもらえるような気がしますね。

「少し余裕がある」そんな気持ちの時が、気分が上向いて将来の希望があふれてきます。一番いい機会ですよ。ぜひ、ご家族のライフプラン作ってみてくださいね。

参考:日本FP協会 「便利ツールで家計をチェック 」便利ツールで家計をチェック

↑クリックすると別窓で開きます。

Follow me!

この記事を書いた人

京極 佐和野代表 セカンドライフ・コーチ
ファイナンシャルプラナー( CFP® )/ 1級FP技能士 / キャリアコンサルタント(CDA) / 日本学生支援機構認定 スカラシップアドバイザー(平成29年~)/ ゆうちょ財団認定 金融教育支援員 / 二種証券外務員 / 住宅ローンアドバイザー / ラジオ体操指導員
医療や年金などの社会保障やセカンドライフ・プランニング分野において、女性ならではの視点から発信する、講演や執筆には定評がある。また、心に寄り添う個人相談は、1,200人以上の実績がある。ひとり親家庭や知的障害のある方への家計管理や教育資金、生活設計などの講演や相談も行っている。